バリ島 COP13会議の影響は!? | バリ島 紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ

バリ島の情報&旅行記はココ!
観光、空港、ツアー、雑貨、土産、エステ、文化、結婚、環境問題、ウブドの情報。
個人旅行の観光留意点や海外リゾートへ移住の現地基礎知識の紹介。
完全バリ島相互理解現地ブログ。
Jalak Bali
☆管理人公式サイトにリンク☆
バリ島完全個人旅行。
バリ島案内所

♪バリ島の素敵な植物の紹介♪
植物の 写真&情報局ーバリ島の自然情報

   スポンサード リンク
<< バリ島 ウブドのつぶれそうな植物園へ行こう! | main | バリ島 にも刑務所がある >>
バリ島 COP13会議の影響は!?
バリ島では、
気候変動枠組条約第13回締約国会議(COP13)
(COP:Conference of Parties の13回目)
京都議定書第3回締約国会合(COP/MOP3)が、
2007年12月3日〜15日の日程で開催されました。
このCOP13会議について、
バリ島現地人の影響はどうだったのでしょう!?


実際の会議で使われた紙袋

バリ島中では、COP13会議の開催中、
バリTVというローカル放送にも
毎日地球温暖化と言う情報が流れていました。
環境問題と言う存在に疎い現地のバリ人も、
地球温暖化、「Global Warming」 という言葉が
テレビをつければ耳に入ってくる。
この言葉は?という感じで何となく意味を知ります。


地球温暖化の影響でバリ島が雨季なのに雨が降らないんだ、
とか、いつもよりも天気がおかしい、
と過敏に反応している声を聞きました。
それ以前までは普通のバリ人からは聞かなかった言葉です。
(ちなみに、COP13会議の開催中は、雨季の始まりだったのに、
一度も雨が降らなかったとか。会場のホテルでは
神様にお祈りをしたとか、そんな事を耳にしました。)

バリ島民の心の中に、「Global Warming」 という言葉が
植え付けられた、ということは事実です。
これはメディア効果大です。
でも、バリ島が海面上昇で沈むかもしれない、とか
過剰なリスクに危機感を持っている人もおり、
内容をもっとしっかり教育する必要性があるでしょう。


バリ島のある環境団体がつくったプロモーションTシャツ 
COP13会議で売られました。

このTシャツにあるように、ウミガメの問題もバリ島では深刻です。
海辺のリゾート開発により、ウミガメの産卵場所が奪われたり、
海水が廃棄物から出る油によって汚れる、
バリ島ではウミガメを食べる習慣が昔あった、
などの問題があります。

インドネシア、国としては議長国として、
成果をかなりあげました。
COP13での注目度の高かった議題は、
将来枠組みに関する交渉、適応基金、技術移転などがありましたが、
さらに議長国インドネシアが着目した森林減少の議題があります。
これは、2013年以降のポスト京都議定書の枠組みについて
2009年までに決めるとする、
バリロードマップの中で、森林のCO2吸収という視点に追加し、
森林減少と森林劣化は同様の検討対象であり、
CO2削減成果に換算される点が考えられる様になりました。

つまり、インドネシアの今ある森を残す事、より健康的にする事が
結果的にCO2の吸収に効果的である、ということを認める、
と言う意味です。


また、上記に関連して、会議以前に、インドネシア政府は
世界の80%の熱帯雨林を有する8カ国で同盟を結ぶことを提案しました。(熱帯雨林国会議=F8)
参加国は、ブラジル・カメルーン・コンゴ・コスタリカ・ガボン・
インドネシア・マレーシア・パプアニューギニアです。
この件の経過については、
世界銀行が融資を始め、日本も出資しているという経過にあります。

COP13会議によって、インドネシアの国としては、
大森林保有国として、CO2吸収源の自己意識が高まり、
認識を深めた。
そして、その中でバリ島の現地の人々は、
地球温暖化問題の存在そのものに気がつく
大切な機会を得たと言えるでしょう。






バリ島旅行へのマイレージのコツ。ためる、つかう!
バリ島 へ上手に旅する飛行機情報 手配の基本とは?
バリ島へはシンガポールを経由して行く??
2007-2008これから冬期にでかけるバリ島計画どうしますか?

バリ島 オススメ 新刊本
バリ島旅行で失敗しないコツ!
バリ島 へ上手に旅する飛行機情報 手配の基本とは?
バリ島 観光はパックツアーか?個人ツアーか?どっちがいい?
ウブド1日観光ツアーのイチ押しコース!
バリ島 旅行への忘れては困る 必需品!出発前にチェック!
バリ島ーどこで 両替しますか?

バリ島 バリ人の食事の仕方

バリ島 バリ人の大切な友達が病気


バリ島のカースト(身分)制度の現実は?

バリ島 の病気


Google
 
Posted by : kokokan611 | バリ人日記 | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.langit-bali.com/trackback/936285
TOP