バリ島の ことわざーマクルーハンが好んだ 言葉!? | バリ島 紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ

バリ島の情報&旅行記はココ!
観光、空港、ツアー、雑貨、土産、エステ、文化、結婚、環境問題、ウブドの情報。
個人旅行の観光留意点や海外リゾートへ移住の現地基礎知識の紹介。
完全バリ島相互理解現地ブログ。
Jalak Bali
☆管理人公式サイトにリンク☆
バリ島完全個人旅行。
バリ島案内所

♪バリ島の素敵な植物の紹介♪
植物の 写真&情報局ーバリ島の自然情報

   スポンサード リンク
<< バリ島式エステ〜フェイシャル〜日本でも自分でピカピカに! | main | バリ島 ウブドでフライドチキンを食べる! >>
バリ島の ことわざーマクルーハンが好んだ 言葉!?
バリ島に伝わることわざは、
さまざまなものがあります。

バリ島でよく聞くことわざは、
「石を投げられたら、花を返せ」
という言葉です。
バリ人の人の良さを象徴している言葉ですね。


今回は、メディア論で世界的な有名人
マーシャル・マクルーハンが好んだバリ島のことわざを紹介いたします。

デジタル・マクルーハン―情報の千年紀へ

「私達は芸術なんかもっていない、
 どんなことでも上手にこなす。」
"We have no art, we do everything well."

芸術の宝庫として有名なバリ島で、バリ人が
芸術なんて持っていない、と言っている!?
どういうことなのでしょうか。

宗教的に必要とされる供物の制作、
また、王への供物、生活を成り立たせる手段として、
もともとのバリ島の芸術は生まれて来たという背景があります。
それが、外国人によってアレンジされたり、持ち込まれたりする事で
変貌し、現在の芸術の形態に至っている様です。
たとえば、あの声とダンスだけで行われるケチャダンスも
一見すると宗教芸術の様に思えますが、
プロデュースしたのはヨーロッパ人だそうです。


バリ島と言えば、電話が各地に普及したのも10年経っていません。
もちろん、テレビだって、10年前と言えば、
村の寄り合い所に1台ある、そんな生活だったんですね。
(先進化はいち早く、今では電話もテレビもパソコンも
 かなり普及しています。)
となれば、メディアのない生活では、
生活と密接に関わりのあった木彫りや、鍛冶、舞踊、ガムラン
など今では芸術と呼ばれる作業に、ひたすらに取り組む訳です。
隣の人が上手であれば真似したり、さらに個性を出してみたり、
それがまた真似されたり、、、
つまり、誰もが高いレベルの技術を身につけるという
結果を生み出しました。

芸術家と言うと、特別な才能があって、普通の人には
思いつかない様な芸術作品を創りだしますが、
バリ島では、その特別な芸術作品まで誰もが創りだせる程、
高いスキルを身につけてしまったと言えます。

つまり、デザインに論理性を持たせ、それを習得した。
これは、芸術と見えても、
実は、一生懸命により良くしようと取り組んだ毎日の成果
イコール、バリ人の言葉、
「私達は芸術なんかもっていない、
 どんなことでも上手にこなす。」
という事の様ですね。


デジタル・メディア論では、デジタル革命に対し、
マクルーハンは、バリ人に似た事が
生じている事を感じたのでしょう。

でも簡単に芸術を創りだしてしまう背景には、長い歴史があり、
今後もこの芸術をより良くする毎日の創意工夫がなければ
それは芸術として維持されない事でもあります。

マクルーハンから学ぶ事は、
バリ島の芸術が止まらない様に、
バリ島の芸術をもっとよりよく育てていく後継者の成長が必要である
という事なのかもしれません。



ウブド1日観光ツアーのイチ押しコース!
バリ島 観光はパックツアーか?個人ツアーか?どっちがいい?
バリ島 旅行への忘れては困る 必需品!出発前にチェック!
バリ島ーどこで 両替しますか?

バリ島旅行に買うガイドブックは何がいい?


バリ島 旅行用の最近の ガイドブックの 内容。


バリ島 バリ人の食事の仕方

バリ島 バリ人の大切な友達が病気


バリ島のカースト(身分)制度の現実は?

バリ島 の病気



Google
 
Posted by : kokokan611 | バリ人日記 | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.langit-bali.com/trackback/827757
TOP