バリ島 の ライステラスの風景と農業 | バリ島 紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ

バリ島の情報&旅行記はココ!
観光、空港、ツアー、雑貨、土産、エステ、文化、結婚、環境問題、ウブドの情報。
個人旅行の観光留意点や海外リゾートへ移住の現地基礎知識の紹介。
完全バリ島相互理解現地ブログ。
Jalak Bali
☆管理人公式サイトにリンク☆
バリ島完全個人旅行。
バリ島案内所

♪バリ島の素敵な植物の紹介♪
植物の 写真&情報局ーバリ島の自然情報

   スポンサード リンク
<< バリ島の事をきちんと取材してまじめに書いてあるオススメ本 | main | バリ島 ーお供え物の チャナンと良い香りの お香 >>
バリ島 の ライステラスの風景と農業
バリ島の主要な農業は、稲作です。
バリ島へ観光へ行き、海辺のクタやサヌール近辺で見るのは難しいですが、
ウブド近辺あたりから
雄大な田園風景(ライスフィールド&ライステラス)を
眺めることができます。

この田んぼを維持しているのは、現地バリ人の農家の人です。
美しいバリ島ライスフィールドビューは農家の人が毎日働いてこそです。
彼らの姿も観光の一部のようになっていますが、
実は農家の人々にはほとんどメリットが無い事をご存知ですか。

ウブド郊外テガララン
ウブド郊外テガラランのライステラス

ウブド郊外にあるテガラランは、
観光地から近くのアクセスにあるライステラスの名所です。
ウブド観光ツアーに行くとと立ち寄るかもしれません。
以前の記事でも私のオススメの場所として紹介しました。
ウブド1日観光ツアーのイチ押しコース!
このテガラランでは美しいライステラスを見ながらお茶や食事が出来ます。

観光客がのんきにライステラスを眺めている横で
農家のおじさんは黙々と田んぼの作業をやっています。
(ときどき、まれに農家のおじさんがヤシの実ジュースやさんに素早く
変身する事もあります。お茶目です。。)
でも、観光客の中で時には、
ボロボロの服を着ているおじさんを馬鹿にする様な声も聞こえますし、
おじさんは疲れたら田んぼの中に作ってある東屋でお昼寝もしていて、
のんびりしていていいね〜、なんて声もきかれます。

実際、のんびりなんかじゃないんですね。暑いバリ島の日差しの下、
重労働です。しかも、すき好んで観光客に見られたい訳ではないのです。


バリ島の隠れ家ホテルやビラでは、
ライステラスの眺めを手に入れたい開発者が山のようにいて、
ライステラスの眺めが良い土地を購入します。
(外人は土地を買えません。ですからレンタル契約です。)
そして、高級な外資のホテルが建設される。
ホテルからの眺めの中に美しくないもの、
たとえば農家のおじさんが休憩する東屋がトタン屋根だったりしたら、
ホテル側から景観が悪い、とクレームされることもあります。
トタン屋根と、伝統的な茅葺きの東屋だったら、茅葺きにして欲しいと。
(茅葺きというのは似たスタイルのことです。バリ式茅?葺きです。)
でも、これは作るのに値段が全然違う。
農家のおじさんがつくるのです。
もっといえば、水田の協同組合のスバックというしっかりした共同体が
バリ島ではあり、共同で作ったりもある。
いずれにしても予算なんてあったものではないのです。

クレームをつけるホテル側は寄付や援助をしていない場合が
ほとんどです。
となれば、トタン屋根の東屋だろうが、農家のおじさんにとっては
自分が休めればどうでも良いのです。
ましてや、観光客の見せ物になってしまうのに、
自分は何のメリットも無い。


バリ島に到着すると入国ビザを払いますね。
これってこういう農業の方達とかにも回すべきなんです。
バリ島の観光名所の1つが田んぼ、農業なんですから。
農家のおじさんだって立派な観光名所の1つですよね。
ところが、ビザのお金はバリ島のためでなくインドネシア本土に
流れている様ですね。。

バリ島の農家の人たちを冷ややかな目で見てはいけないですね。
親しみを持って挨拶をしてみてはどうでしょう。
あまり愛想はないと思いますが内心で嬉しいと思います。きっと。
彼らは必死に田んぼを耕し、美しいバリ島風景を維持しているのですから。


Google
 
Posted by : kokokan611 | バリ人日記 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(1)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.langit-bali.com/trackback/570566
トラックバック
●海外旅行で入国時にミスしないように、知っておきたいことのアドバイスです!
| 国内より気軽な海外旅行 | 2007/04/18 8:53 AM |
TOP