バリ島 で 伝統的な衣装を着た 結婚式 | バリ島 紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ

バリ島の情報&旅行記はココ!
観光、空港、ツアー、雑貨、土産、エステ、文化、結婚、環境問題、ウブドの情報。
個人旅行の観光留意点や海外リゾートへ移住の現地基礎知識の紹介。
完全バリ島相互理解現地ブログ。
Jalak Bali
☆管理人公式サイトにリンク☆
バリ島完全個人旅行。
バリ島案内所

♪バリ島の素敵な植物の紹介♪
植物の 写真&情報局ーバリ島の自然情報

   スポンサード リンク
<< バリ島 伝統的な 現地の 結婚式の朝の儀式 | main | バリ島 ウブド のオススメ カフェ レストラン >>
バリ島 で 伝統的な衣装を着た 結婚式
バリ島では村の相互扶助組織であるバンジャールの単位によって
伝統的な宗教儀式を今も受け継いでいます。結婚式もその1つです。
今回は、バリ島の結婚式をご紹介します。


バリ島の結婚式の朝の儀式が終わり、
バリ島 伝統的な 現地の 結婚式の朝の儀式
いよいよ結婚式の準備に入ります。
新郎新婦は衣装の着替えをします。昔のバリ島の王と王妃の衣装ですね。
村のお手伝いの人々は料理を運んだり、
マイクやスピーカーのセッティングをしたりします。
お客さんが座る椅子は数百もバンジャールで保管してあり、
貸し出してくれます。
音楽演奏の人もやってきます。準備が整い始めると演奏をし始めます。

はじめの新郎新婦の結婚衣装のお披露目時には
殆どの村の大人の人が集まっています。
でも、その間に一日中ひっきりなしに人がやって来ます。
仕事をしている人は仕事の合間や、終わったあとにやってくるのです。
ですから、若者はほとんどが夕方以降です。
中学生や小学生もやってきます。彼らは青年団の様な単位で
一度に30名くらいでやってきます。村の子たちです。
食事はブッフェ形式になっており、来た人はいつでも食べる事が出来ます。
豚を数頭潰して料理した美味しい豚料理です。
お土産にも持って帰ってもらいます。

若者が夕方以降となると、夜はナイトパーティーになります。
現地バリ人同士なんかですと、生ライブをやったりで、盛り上がります。
一度お呼ばれして参加した事があるのですが、
大音響でライブでした。ウブドですから、出来るのでしょうが。。
ウィスキーなどもこの日ばかりは皆飲んでいました。
(私達の時は半分日本人でしたので、ノリのタイミング感覚も違い、
カラオケなどで、まあまあ盛り上がりました。)

女性の衣装の着替えはメイク&着付けのプロに出張してもらい、
3時間かかりました。
大変な厚化粧です。髪飾りも数キロはあります。
付け毛もしますが、かんざしを何十本も刺すので、痛いです。
そこにさらにお花も飾る。重いです。
以下の写真は、
出来上がったあとに痛くてどうしようとしているところです。
お坊さんの前ではなんとか我慢と思ったのですが、できません。。

これがバリ島結婚式の衣装の髪型です。


新郎の方は1時間もかからずにメークも着替えも終わり、
お客さんへお披露目です。
その後2時間近く待たせて、新婦が登場しました。
着物姿は新婦の母ですね。。。。。

バリ島結婚式の衣装です。

村の人々は声を揃えてきれいだね〜と声をかけてくれます。
とてもやさしい人ばかりです。
新婦の衣装は見慣れているので、
新婦の母の着物の帯に関心を示していました。
日本の着物は美しいと。
日本人家族は着物で参加すると結構素敵だと思います。

キラキラの髪型は、若者が帰る夜遅くまでしている必要があるのですが、
(普通のバリ人女性はそうします。)
かんざしの痛さにたえられず、夕方にはダウンしました。
夜はかんざし抜きの、そのままのおかしな髪型で皆をむかえました。

現地バリ人が相手のバリ島での伝統的な結婚式は、
日本人女性にとってはもちろんはじめての事が多く、
異文化、異宗教で理解できない事も多々あり、
我慢と好奇心と、また我慢、
そして体力、理解力、コミュニケーションが必要です。



バリ島旅行で失敗しないコツ!

バリ島 観光はパックツアーか?個人ツアーか?どっちがいい?
ウブド1日観光ツアーのイチ押しコース!
バリ島 旅行への忘れては困る 必需品!出発前にチェック!
バリ島ーどこで 両替しますか?

バリ島旅行へのマイレージのコツ。ためる、つかう!


バリ島 へ上手に旅する飛行機情報 手配の基本とは?


Google
 
Posted by : kokokan611 | バリ人日記 | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.langit-bali.com/trackback/559527
TOP