バリ島 伝統的な 現地の 結婚式の朝の儀式 | バリ島 紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ

バリ島の情報&旅行記はココ!
観光、空港、ツアー、雑貨、土産、エステ、文化、結婚、環境問題、ウブドの情報。
個人旅行の観光留意点や海外リゾートへ移住の現地基礎知識の紹介。
完全バリ島相互理解現地ブログ。
Jalak Bali
☆管理人公式サイトにリンク☆
バリ島完全個人旅行。
バリ島案内所

♪バリ島の素敵な植物の紹介♪
植物の 写真&情報局ーバリ島の自然情報

   スポンサード リンク
<< バリ島 伝統的な現地の結婚式での祭壇はこんなです。 | main | バリ島 で 伝統的な衣装を着た 結婚式 >>
バリ島 伝統的な 現地の 結婚式の朝の儀式
バリ島では90%を占める現地ヒンドゥー教の住民が伝統的な宗教儀式を
今も受け継いでいます。結婚式もその1つです。
今回は、バリ島の結婚式の朝に行われる儀式をご紹介します。

前の記事→バリ島 伝統的な現地の結婚式での祭壇はこんなです。

バリ島現地の結婚式の準備が式の4〜5日前から行われ、
ようやく結婚式の朝がやってくると、
まず、ヒンドゥー教の儀式を行います。
バリ人の結婚相手がヒンドゥー教徒ですから、
日本人ですとヒンドゥー教徒に入信することになります。
日本人女性はインドネシア国内で、
ヒンドゥー教徒として生きていく事になります。

これがバリ人のヒンドゥー教のお坊さんです

朝早くから、結婚式前のヒンドゥー教儀式は始まります。
内容は、神様に生きた小鳥をささげる儀式や、
伝統的な生活を再現する儀式、などがあります。
神様に生きた小鳥をささげる儀式では、小鳥を目の前にお経を読みながら、
新郎はたたずみ、新婦は神様へのお供物をかごに入れて頭にのせた状態で
儀式を受けます。
伝統的な生活を再現する儀式では、新郎はヤシの実のついた棒を担ぎ、
新婦は同じくお供物をかごをかつぎます。こんな感じです↓

バリ島結婚式伝統的な生活を再現するヒンドゥー教儀式

そして、お坊さんから聖水をいただき、何度も飲んだりします。

お坊さんから聖水をいただく


ひと通りの儀式が終わると、
バリ島ヒンドゥー教に入信、そして婚姻手続きを行います。
この手続きでは、バリ島内の所定の管轄所のお役人さんが
監査(証明)人として新郎の家である結婚会場へ訪問します。
以下の写真の奥の右にいるのがお役人さんですね。
そして、右の列の村の重鎮、村長さんなども立ち会います。
すべての人の前で新郎新婦はサインを全員と書き交わし、
正式な書類が出来上がり、結婚証明となります。

バリ島ヒンドゥー教に入信と婚姻手続き

日本の婚姻届は市役所に出して終わりですが、
バリ島での婚姻届の儀式はかなり厳しく、本物の結婚かどうかも
役人にしっかり調べられるのです。


バリ式(インドネシア式)のこの形式の方が、
日本人女性としてはしっかりしている印象が受けられるし、
その後も安心だなと思いますから、良かったです。
また、これだけしっかりとした儀式を行う事で、
いい加減なおつきあいは出来ない事が出席者全員に伝わります。
バリ島の村社会、バンジャールでは、離婚をすると、
その家は、ほぼ村八分になると言われます。
家族全員に迷惑をかける事になります。
こんなに大変な儀式を何百人もの人が
手伝ってくれるのですから。

ただ、注意したい事は、結婚に関しては、バリ島では一夫多妻制です。
これは一夫一妻の日本人にとっては、
あとあとのトラブルが起きる事を考えて、
結婚する2人で契約的な事をかわしておく事も必要です。
でも、まじめなバリ人はほぼ一夫一妻で円満の場合が多いです。
成金とか、貧しい、といった特別な条件が介入してくると、
一夫多妻のトラブルが出て来ている様です。
よくガイドブックに書いてありますが、
バリ人は一夫多妻ばかり、浮気症なんて卑猥なネタも多いですね。
でも実際の村社会では、まじめな生活を送っているバリ人は一夫一妻が
多いです。

日本人女性とのバリ人男性との結婚、離婚トラブル、
結構ありますが、こんな社会を想像だにしなかった日本人女性の
法や文化の理解の準備不足、勇気のなさや、驚き、いい加減さ、
そして、無理解から招いた不幸もあるんです。
(もちろん男性が悪いという事もたくさんありますが。)
結婚が壊れ、残された男性の村で送る人生は、
精神的にもコミュニケーションにおいても
辛いものになることは想像に難くありません。。

この儀式のあとに、いよいよあのキラキラの衣装を着た
結婚式が行われます。
(つづく。。)


Google
 
Posted by : kokokan611 | バリ人日記 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.langit-bali.com/trackback/557806
TOP