バリ島紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ ブログ管理人の事。 | バリ島 紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ

バリ島の情報&旅行記はココ!
観光、空港、ツアー、雑貨、土産、エステ、文化、結婚、環境問題、ウブドの情報。
個人旅行の観光留意点や海外リゾートへ移住の現地基礎知識の紹介。
完全バリ島相互理解現地ブログ。
Jalak Bali
☆管理人公式サイトにリンク☆
バリ島完全個人旅行。
バリ島案内所

♪バリ島の素敵な植物の紹介♪
植物の 写真&情報局ーバリ島の自然情報

   スポンサード リンク
<< バリ島へ郵便を出す。バリ島の住所って? | main | バリ島のバリ人は野球を知らない!? >>
バリ島紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ ブログ管理人の事。
バリ島紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ
ブログ管理人のkokokanです。


私は博士課程を経て研究を継続しています。
環境コミュニケーションという分野です。
環境学博士も取得しました。
環境問題に関わる活動や情報と
市民との架け橋の仕方を考える研究です。
学問的にはまだまだ体系化が出来ていない分野です。

バリ島での環境財団でも活動をしています。
日本でもNPO法人化しています。
http://www.langit-bali.com/bali_biodiversitas/index_jp.html

学会の研究会活動でな、同じ分野の研究者の方々は
とても志も高く、やる気充分な方ばかりです。
会社の社長、教授、など
環境コミュニケーションの第一戦で活躍する方々。
こういう中で研究活動が続けられる事は、
学問、社会、両面の意味で意義ある研究になりますし、
自分のモチベーションも高まります。

環境問題に関わる事業主、また研究者は、
ビジネス上で環境問題を経営の理論のみとして
手法を回す事だけではダメなんです。
そういう人は、年々消えて行きます。

地球環境問題、地球生態系、生物多様性の問題、
そういった人類生存の基盤を成す
理論をしっかり理解し、何をすれば良いかを
日々考える、これらの問題が起きている現場に出る、
自分で実際にものごとを動かす。
そういった姿勢が必要です。

バリ島の環境問題も
そういった視点で取り組んでいます。


Google
 
Posted by : kokokan611 | - | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.langit-bali.com/trackback/552522
TOP