バリ島 旅行への忘れては困る 必需品!出発前にチェック! | バリ島 紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ

バリ島の情報&旅行記はココ!
観光、空港、ツアー、雑貨、土産、エステ、文化、結婚、環境問題、ウブドの情報。
個人旅行の観光留意点や海外リゾートへ移住の現地基礎知識の紹介。
完全バリ島相互理解現地ブログ。
Jalak Bali
☆管理人公式サイトにリンク☆
バリ島完全個人旅行。
バリ島案内所

♪バリ島の素敵な植物の紹介♪
植物の 写真&情報局ーバリ島の自然情報

   スポンサード リンク
<< バリ島ーどこで 両替しますか? | main | バリ島の デンパサール空港ー入国審査や空港税など >>
バリ島 旅行への忘れては困る 必需品!出発前にチェック!
バリ島旅行には絶対に持っていった方がいい必需品があります。
バリ島で経験したことから必要性を感じている必需品をご紹介します。
バリ旅行に出かける前に、チェックしてくださいね!

*この情報はバリ島で気がついた点があるたびに情報を追加しています。

バリ島旅行へ準備をしている方もいらっしゃると思います。
バリ島だからこそ、必要なものについて、ご紹介します。
特に中高年に多い様ですが、腸に来る様なので絶対に持って行ってくださいね!本当に必要ですから。。
バリ島の芸術
バリ島には興味深い文化&芸術があります。楽しみですね。

バリ島への必需品。これが大事!

重要ランクAAA、絆創膏(ばんそうこう)。
これは、現地で裸足になってサンダルに履き替えた時に、
皮膚のスレができて、皮がむけてしまった場合の必需品です。
サンダルやビーチサンダルが痛くて履けなくなります。
でも、靴で我慢するのは暑いです。
必ず、持って行きましょう。

重要ランクAAA、正露丸。

これは、現地で真水は飲まないと思いますが、
(ペットボトルのミネラルウォータを飲んでくださいね。)
カフェの湧かしてあるお茶とか、シャワーで飲み込んだとか、
意外にも飲んでしまう事があるんですね。
はじめての人はバリ島のお水に慣れていないので
だんだんお腹がゴロゴロいってきます。
バリ島のお水は最近は汚いという訳でもありません。
湧かしてあれば、だいたい大丈夫なのですが、
日本人は慣れていませんからお腹にきます。
その時には早めに飲んでおきましょう。
すぐに元気になります。

重要ランクAAAはまだあります。下痢止め。
バリ島ではスパイシーな料理が多いです。
お腹がゆるくなるフルーツ、パパイヤや、
お酒を飲み、一緒に食べる又はその後に食べると、
大変な事になるドリアン。胃の中でお酒と発酵するのですね。
とてもとても苦しい腹痛を起こします。死にそうに辛いです。
そして、時には屋台の料理でお腹をこわす事も。
(あまり興味心だけで屋台の食べ物やワルン(現地食堂)で食べるのは
やめましょう。どうしてもおいしそう!という時には、食べる前に
正露丸を飲んで、食べましょう。そのうちに慣れて、
お腹が壊れなくなります。。(^o^;))
胃腸が弱い人は、バリ島へ行く前からしっかり管理していきましょう。
特に中高年に多い様ですが、腸に症状がくる様なので
水や辛いもので腸が弱ってきますから、
ビオフェルミンを飲んでおいたりしましょう。
とにかくは、バリに行ったら、はじめての人は必ずお腹をこわすものと
思って行ってもいいくらいです。これがポイントです。

バリ島旅行で失敗しないコツ!

重要ランクAA、日焼け止め。
バリの日差しは大変強いです。
タンクトップに短パンなんて姿ですと、あっという間に日に焼けます。
多少は焼けても綺麗ですが、焼き過ぎは、相当肌が痛いです。
ですから、全身に塗れるものがいいですね。
日焼け止めと同時に、肌を保護するボディクリームも。
日本人の肌は日本の湿度が低いのでかさかさしています。
そこに急に焼けると、シミになります。
クリームで保護して、さらに日焼け止めですね!
現地で購入は、バリ島 格安コスメ! とても良い香りボディミルク
バリ島 で直行!便利な スーパー&デパート 「マタハリ」
バリ島で便利なースーパーマーケット「ビンタン」

バリ島はさわやかな気候ですが、日差しが強いです。


さらに、バリ島では日焼け止めと一緒に、
ウォータープルーフのファンデーションが
あると大活躍します。

朝起きて日焼け止め、このファンデーションを塗り、
外に出て、プールに駆け込み、そして、シャワーを。
そして朝食後にちょっとお買い物にぶらぶら、そして暑くなり、
シャワーを。。。バリ島は汗をたくさんかく機会が多いので、
いちいちファンデーションまでクリアしてしまうと、
フットワークが重くなり、時間がかかります。
ちょっとお肌には辛いけれど、ウォータープルーフのファンデーションを
塗ってしまい、シャワーでも表面を流すくらいでまた化粧水と
粉ファンデーションで補う感じで化粧直しが楽チンです。
夜には、お疲れ肌をしっかりバリ島コスメでパックをしてしまいましょう!
バリ島式エステ〜フェイシャル〜日本でも自分でピカピカに!

重要ランクAA、強力な虫さされ薬。
ホテルやビラのベッドには、ナンキン虫やダニが結構います。
これは上級ホテルでもです。
一度さされるとひたすらかゆく、掻きむしり跡が残ります。
さされたら、かゆみが即消える様な強力軟膏が必要です。
普通のムヒでは駄目です。
また、蚊も多いですから、常時キンカンも携帯しましょう。
夜のガーデンレストラン等では、腕時計型のハンディのベープも
あると便利です。

重要ランクA、たくさんの千円札
バリ島の物価は高くはありません。
ですから、ちょこちょこと買い物がしたくなるんですね。
でも、1万円札を両替していると、
ルピアが多く余りすぎたり、たくさん持っていて
払い間違えをする事になります。
お金を一度に多く持たない事が災難を防ぐコツでもあります。
千円札をたくさん持っていると、その都度両替が可能です。
レートが変わっても、あ〜損した、ということも少ないですね。
この情報もチェックして下さいね↓
バリ島ーどこで 両替しますか?

重要ランクA、ポケットティッシュとウェットティッシュ
観光でお寺へ回ったりすると、お手洗いに必ず行きますね。
バリの公衆トイレは、清潔ではありませんし、
ティッシュもありません。
ローカル式のトレイも多いです(和式の様な形)
バケツにたまっている水で桶で水を流します。
流れやすい再生紙ティッシュと、
いつでも手を拭けるウェットティッシュが
あれば、安心です。

ウェットティッシュは、まだ活躍の用途があります。
バリ島の湿度は常時60%を超えます。
ですから肌はいつでもしっとりですが、これに汗が混じると
ファンデーションはドロドロしますし、男性もベタベタします。
顔を軽く拭くのに活躍するでしょう。
女性は強力なあぶらとり紙もあると便利かもしれません。

重要ランクB、長袖のカーデガン
バリ島でチャーターされた車では、とっても強くクーラーをかけがちです。
すぐに寒くなってしまいます。
ウブドに滞在の人はマストです。
夕方以降は外の空気もとっても涼しくなってきます。

重要ランクC、ふりかけ、もしくは醤油、マヨネーズ。
バリ島の食事では、かならず白いご飯がついてきます。
でも、スパイシーなおかずとばかり食べていると
辛いものが苦手な人にとっては、イヤになってくるんですね。
そんなとき、ご飯にふりかけ。美味しいです。
さらに、マストアイテムとしては梅干しです。
スパイしーもので胃が荒れてきそうかなあ、と言う時に
リフレッシュで梅干しを食べておくと、結構大丈夫です。
大事な味方です。

その他に、桁数の大きいルピアを計算できる計算機、
日差しを遮る、日傘や帽子。
日差しが強くて痛んだ髪へのトリートメント、整髪剤。
(現地にあるものは日本のものと同じまたは、古いブランドです。
インドネシアコスメを挑戦したい人は、いりませんね。スーパーへ直行!)

それと、パソコンは、上級ホテルに泊まる人以外は、
お勧めできません。
電圧が不安定でクーラーが良く効かないと、
ハードディスクが熱くなってクラッシュします。
そしてこの電圧の不安定さがコンピュータに負担もかけます。
(ちなみに220ボルトですので変圧器とソケットがあった方が良いです。
バリ島 旅行へのまさに 基本情報!
さらに、ビラ滞在の人は、アリが入ってくる事もしばしばです。
パソコンに入り込むと大変なことに。
どうしても!と言う人は、部屋では密封し、インターネットカフェへ
持ち込んで作業をするのが良い方法です。
最近はブロードバンド回線でLANで接続してもらえますし、
無線スポットのあるカフェもあります。
それと、USBのフラッシュメモリーもあると便利です。
デジカメのデータをもって現地で現像したり、
インターネットカフェへ持ち込んだり、結構つかえます。

さらに、オプショナルツアーのオリジナルバージョンを考えたい方は
早めに準備をしておくと、なおさら楽しい旅になります↓
バリ島 観光はパックツアーか?個人ツアーか?どっちがいい?
ウブド1日観光ツアーのイチ押しコース!

あとは、普通の海外旅行必需品
アジア旅行(バリ島)海外旅行へ必要な一般的細かい必需品を見ながら
準備をされることをオススメします。


バリ島の病気も気をつけてください。


バリ島 バリ人の食事の仕方
バリ島 バリ人の大切な友達が病気

バリ島のカースト(身分)制度の現実は?

バリ島 の病気



飛行機の選択や、乗り継ぎ、料金等はこちら↓
バリ島 旅行への格安航空券 手配の基本情報!


マイレージをためている方はこちら↓
バリ島旅行へのマイレージのコツ。ためる、つかう!

日本とバリ島の自然環境と植物の写真&情報局
随時更新中。バリ島で見られるハイビスカス等の南国植物の紹介。


Google
 
Posted by : kokokan611 | バリ人日記 | 15:39 | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://blog.langit-bali.com/trackback/541237
TOP