バリ島 観光 の バードパークに行きませんか! | バリ島 紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ

バリ島の情報&旅行記はココ!
観光、空港、ツアー、雑貨、土産、エステ、文化、結婚、環境問題、ウブドの情報。
個人旅行の観光留意点や海外リゾートへ移住の現地基礎知識の紹介。
完全バリ島相互理解現地ブログ。
Jalak Bali
☆管理人公式サイトにリンク☆
バリ島完全個人旅行。
バリ島案内所

♪バリ島の素敵な植物の紹介♪
植物の 写真&情報局ーバリ島の自然情報

   スポンサード リンク
<< バリ島の鳥市場ってどんなところ? | main | バリ島で社会貢献を。フェアトレード!? >>
バリ島 観光 の バードパークに行きませんか!
バリ島には、バードパーク TAMAN BURUN (タマンブルン)と言う、
南アジア近辺の 野鳥がたくさんいる 野鳥園があります。


バードパークではペリカンが道をふさいで通れないくらいです。

普通の動物園のように柵に入っているものもいれば、
なかには大きなドームもあり、放し飼いになっていて、
あの南国の美しい鳥が!手で触れるくらいの場所に
飛んで来たりするんです。
バードパークの全体の広さは東京ドームより少し狭いくらいです。
中には美味しいレストランや、滝がある大きな池、
この池にはピンクのフラミンゴや、大きなペリカンが
放し飼いになっています。
ペリカンが道を塞ぐ事、しばしばです。大きくて結構驚きます。
園内では、のんびりできそうな休憩所などもあり、
イメージ的にはシンガポールにある
こぎれいな植物園や公園のような造りになって気持ちがいい場所です。

これはバリ島の種の放し飼いドームの中でとりました。アマサギですね。

このバードパーク、場所は
デンパサール方面からウブドに向かった途中で左に入ります。
バトゥブラン村の先のあたりです。
車でないとアクセスは難しいですね。
運転手さん付きの車をレンタルして、ウブド観光へ!
園内を見ている間は運転手さんに
駐車場で待っていてもらうといいでしょう。

駐車場には、運転手さんがのんびり待てる様な
お昼寝東屋がちゃんとあります。ですから、安心です。

入場料は日本円で約1500円です。
バリで!?と言われそうですが、普通の観光地並みです。
でも、入ってみるとわかるのですが
こんなに良い場所なのにお客さんもとっても少なくて、
日本人に会った事は稀です。
鳥たちの飼育費とか、維持費はどうするのだろう、
という印象を受けます。鳥たちのご飯代と思っていかがですか。
ちなみに経営者は欧米人とバリ人のコラボレーション経営とか。。
結構しっかりしています。

ここのバードパークのメインは、何と言っても
カンムリシロムク(Jalak bali / Bali Mynah)ですね。
これはバリ固有の絶滅危惧種です。
もう野生にはほとんどいないそうです。十数羽とか。
姿が美しいので乱獲して売ってしまったのですね。。
詳しくは、以前の記事でお読みくださいね!
バリ島の絶滅危惧種に注目!? 鳥類ーカンムリシロムク

本当に絶滅寸前のバリ島固有種です。

園内にはバリ固有種のコーナーがあり、
(ここは最近リニューアルされて追加されました!)
そこにバリに棲む野鳥たちがいろいろ展示してあります。
もちろん、放し飼いのドームもあります。
バリで野鳥を見たい!と言う方は、
まずこのバードパークをチェックしてから
出かけるとより楽しみが広がるかもしれません。

ここのお土産屋さんも要チェックで、
カンムリシロムクの絵の入ったかわいらしいTシャツや
鳥の木彫りグッズなどがそろい、
鳥好きの人へのお土産にはピッタリです。

これは私のお気に入りのカンムリシロムクです。


それと、1日に1〜2度無料のバードショーを
やるようになりました。
時間を合わせていけば、頭の良いオウム類の芸などを楽しむ事が出来ます。
ですから、ショーを見たり、食事をしたり、お茶をしたりで
半日かけて楽しんでも十分に満足が出来る場所だと思います。


絶滅寸前のカンムリシロムクへの寄付にもなります。
バリ島での観光を考える時には、
ぜひ、バードパークTAMAN BURUN (タマンブルン)も
候補に挙げてくださいね!



バリ島旅行で失敗しないコツ!

バリ島 観光はパックツアーか?個人ツアーか?どっちがいい?
ウブド1日観光ツアーのイチ押しコース!
バリ島 旅行への忘れては困る 必需品!出発前にチェック!
バリ島ーどこで 両替しますか?

バリ島旅行へのマイレージのコツ。ためる、つかう!


バリ島 へ上手に旅する飛行機情報 手配の基本とは?


Google
 
Posted by : kokokan611 | バリ人日記 | 16:35 | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://blog.langit-bali.com/trackback/531668
TOP