バリ島 デンパサール(ングラライ)空港の荷物運びのポーターをチェック | バリ島 紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ

バリ島の情報&旅行記はココ!
観光、空港、ツアー、雑貨、土産、エステ、文化、結婚、環境問題、ウブドの情報。
個人旅行の観光留意点や海外リゾートへ移住の現地基礎知識の紹介。
完全バリ島相互理解現地ブログ。
Jalak Bali
☆管理人公式サイトにリンク☆
バリ島完全個人旅行。
バリ島案内所

♪バリ島の素敵な植物の紹介♪
植物の 写真&情報局ーバリ島の自然情報

   スポンサード リンク
<< バリ島の小学校の 紹介 | main | バリ島 で 現地コミュニケーション(エステ のルルールって何?) >>
バリ島 デンパサール(ングラライ)空港の荷物運びのポーターをチェック
バリ島デンパサール空港の情報&注意点。

バリ島へ無事に入国ができ、
スーツケースを受け取るターンテーブルのところに行くと、
つなぎの様な制服で胸のところに
PORTERと書いてあるワッペンをつけている男の人たちがいます。
ここでちょっと注意#

デンパサール空港のポーターのおじさんたちには驚きます。
ターンテーブルから出てきたスーツケースを確保し、
持ち主のお客さんが来ると運んでくれます。
これは、空港の無料サービスではありません。
出口で千円といわれたり、
500円といわれたり、パターンはいろいろですが、
ほんの数メートル運んでもらっただけでお金を請求されます。
私も初めての時にひっかかりました。
ナイナイ!!と 逃げてしまいました。

お金が無いということよりも、怖かったですので。
はじめてデンパサール空港に来たお客さんばかりがひっかかります。
これでは、せっかく楽しみにきたバリ島旅行が
始めから台無しのイメージになってしまいます。
気が弱い人はあたふたして、払ってしまって、
ホテルについてから、ちきしょーと思うパターンですね。

これを公認している???
インドネシア政府も見直しをすべきだと思うのですが。
もったいないです、バリという島のイメージが台無しですよね。


ポーターにひっかかりたくない場合には、
荷物を取られてしまっていたら、
毅然としてNo thank you. Tidak terima kasi 
のどちらかを言いましょう。
これで取り返す事が出来ます。

本当に運んで欲しい人は、
出口で5000または10000ルピアをお礼にあげましょう。
100円程度で十分です。
日本円で100円玉はだめです。
コインは換金できませんから。
この時には千円札を要求されます。
1ドル札なら大丈夫です。


Google
 
Posted by : kokokan611 | バリ人日記 | 11:37 | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://blog.langit-bali.com/trackback/515551
TOP