バリ島 の事で言いたくはない事。ジゴロ!? | バリ島 紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ

バリ島の情報&旅行記はココ!
観光、空港、ツアー、雑貨、土産、エステ、文化、結婚、環境問題、ウブドの情報。
個人旅行の観光留意点や海外リゾートへ移住の現地基礎知識の紹介。
完全バリ島相互理解現地ブログ。

☆管理人公式サイトにリンク☆
バリ島完全個人旅行。
バリ島案内所

♪バリ島の素敵な植物の紹介♪
植物の 写真&情報局ーバリ島の自然情報

   スポンサード リンク
<< バリ島 バリ人の大切な友達が病気 | main | バリ島で家をさがすには? どこに住む? >>
バリ島 の事で言いたくはない事。ジゴロ!?
バリ島 には ジゴロという存在がいるのを知っていますか?
これを目当ての日本人もいる。
ジゴロの目当ても日本人。
どうなっているのでしょうか!?


バリ島のことを相互理解する事を意図して
ブログで綴っています。
あえてネガティブ面に触れることを望みませんが、
でも、バリ島の問題でジゴロの様な点に触れてみて
現実を考えてもらう機会を増やしてもらいたいと思っています。


バリ島って、インドネシアで随一の観光の島
(ジョグジャカルタもありますが比較にならない)だという事は
ご存知の方も多いと思います。
バリ島の経済は観光収入が大部分が占めています。
これを、インドネシア国内の視点から見ると、
つまり、国民が2億4千万人もいて1万を超える島から見ると、
バリ島は外貨も入り、
ビジネスや仕事のチャンスがとても多い国と言えます。
バリ島は90%がヒンドゥー教です。
これは、国内では、
イスラーム教87%、プロテスタント6%、カトリック4%、ヒンドゥー教1.8%、仏教0.3%
の中です。1.8%がバリ人のヒンドゥー教で宗教では少数派です。

バリ人は多くの事を受け入れる、穏やかな民族性を持っていますが
宗教の事では、マイナー扱いをされる事も多く、
宗教観での、潜在的な偏見や確執というものも無くはありません。
他の島から入って来た人が、
「ヒンドゥーのバリ人だから関係ない」と、
悪さを働く事もたくさんあります。
以前に起きた爆弾テロ、どうでしたか。
バリ島の観光客を減らすためのイスラム教の仕業でしたね。
でも、亡くなった多くはバリ人ばかりでした。悲しい出来事です。

バリで起こる事件に、現地バリ人自体は
被害意識を持っている事ってご存知でしょうか。
彼らの意見はこうです。
「悪い事をした人たちは、『私はバリ人です。』
と、嘘をついているケースが多い。
バリ人は迷惑している。
実際、彼らは、本島や、近くの島から
出稼ぎや不法滞在している貧しい人が多い。」
ということなんですね。
バリ人の夫や友人や中年の地元に詳しい人たちに聞いて
こう言うのですから
ある程度、本当なんだと思います。

バリ島でのトラブル、盗みやゲーム賭博、海辺のジゴロ、
メタノール入りアラック、、
こういった問題は、クタという場所で数多く起こっています。
バリ島のクタって、日本で言えば新宿や六本木の繁華街、、
そうです、歌舞伎町的な場所もあります。
どこの国でも、新宿歌舞伎町的な場所では
事件が絶えません。バリ島でも同じことが起きています。


そして、クタという場所には、高級ホテルから、
バックパッカーが
泊まれる安宿まで、数多くのホテルがあります。
バリ島に慣れ、多くの男友達を持ち、
安宿に長く滞在している日本人女性もいます。
1泊1000円程度で滞在できるのです。
そういう宿では、よっぽどスタッフに信頼がおけるか、
信頼できるバリ人の友人がいる、ということが大切です。
女性だけが遊びでふらふら、というのは危険です。
身を守ってもらうボディーガードが必要です。

さて、バリ島でジゴロにお金を貢いでいる日本人女性陣。
開放的になりすぎて遊びすぎです。
日本では、歌舞伎町でそんな遊び方をしますか?
少なくともお金がもたないでしょうし、
何かしらの事前知識と自己防衛策を持っている筈です。
バリでは、お金持ちになった様な気分になることが危険なのです。

バリで滞在、となると、
宿に滞在するという身軽さがあります。
そして、男目当てにわざと薄着でセクシーな格好で
海辺やナイトスポットのディスコに出かける人々をたくさん見かけます。
そうです、もてるからです。
ジゴロやそれに準ずる遊び人に、もてるのです。
このあたりでの被害はしばしばです。

知り合った男性を日本に連れてゆこうと、
日本へのインドネシア人の入国の知識も少なく、
領事館を困らせるということも数多くあります。

さらに、日本に行きたいだけで誘われたんだと、
だまされたことを、あとで気づく人も。

先にも書きましたが、
バリ島=バリ人ではありません。
インドネシア人だから同じ、とはいうものの、
このあたりの知識はバリ人サイドからは、
きちんと知っておいてもらいたいのです。

日本のマスコミも時々特集を組んでいましたが
すべてがバリ島=バリ人の仕業というのは好ましくないです。
もっともっと取材してください。

それに被害にあった女性ばかりが悲劇のヒロインですか。
よく彼女たちの行動を見て欲しいものです。

日本のマスメディア報道の余波を受ける
バリ島や日本でバリ人と結婚して幸せにしている人々の人権、
守って欲しいです。


それと、日本で、もてない女性が、
肌が白いだけでバリ島でモテモテで、
調子にのっている
というようなコメントをよく見かけますが、
疑問です。
それに日本人女性がバリで買春? 聞きません。。
それはジゴロとの関係で生まれているのではないでしょうか。。。
おそらく女性は嘘の恋に落ちているはずです。
ジゴロから見れば、日本人は憧れ、チャンス。
恋なんかではなく、
「日本人女性=お金」に見えているのです。

まともなバリ人男性は、大変目が肥えています。
すらっとしたバリ人のスタイル、クリッとした大きな瞳、
山田優の様なモデルみたいな美人はゴロゴロいます。
どう考えても色の違いがあるものの、
バリ人女性の方が日本人より奇麗です。
それを超える存在でないといけないんですよ。
バリ人男性は、笑顔の素敵な日本人の美人が大好きです。
性格も見ています。
ちゃんとそういうところは見ていますから。
実際、バリ人がつきあっている日本人女性は
奇麗な人が多いんですよ。
日本人の彼氏を捨てて、バリ人を選んでしまう人も多いです。
(なぜ、もてる?バリ人男。)


バリ人とのトラブルも結構あるという事実もあります。
明らかにだまされている場合は、話していて仲良くなって、
デパートで一緒に買い物していたら、あれこれとねだられる。
これは、バリ島で言えば都会にいるチンピラ的な悪(ワル)です。
田舎で貧しい家出身でしょう。学もありません。
帰るあても無く、観光客に悪さを働いているのです。
日本人には想像できない悲しい貧困もまだある国です。
だからといって、これは最悪です。
純粋そうな笑顔に同情は禁物。
もちろん、ひっかかってはいけません。

ややまじめなバージョンでは、
つきあっていたら、家族が病気になったから
援助してくれないかとかですね。
ただ、バンジャールなどの伝統的な考え方で、困っている人は
困っていない誰かが助けると言う、そういう考え方があります。
そういう視点でお金のある日本人だから助けてもらおうと言う
考えを言ってしまうケースもあります。
よく、周囲の状況と、自分のおかれた立場、
家族の状況を見て判断しましょう。
もっと言えば、考え方や世間への行い、心が精神的に尊敬できる、
良い家族か判断しましょう。
たとえば、教師とか村長さんが出ている家族とか。。
政治とかで地位的に偉い人、とかお金持ち、という考え方ではないですが、
しっかりした家庭を!というのはどこの国でも同じですね。
日本でも結婚する相手の家庭について気にしますよね。同じ事です。

それに、バリ人の家庭の親達はかなり躾がしっかりしている
家庭も多いです。
日本人の独身の女性が男性となんかお酒を飲んでいたりしたら、
即、怒られますよ。日本に帰ってお金を貯めて結婚しなさい!と。
しっかりしている家庭は、どこでも言う事は同じなんです。
バリ島に対する低俗な口コミのサイトがありますが、
いったい彼らはどこへ出かけて、何を見てくるのでしょうね。

バリ人自体だって、犯罪に巻き込まれるケースがたくさんあります。
バリ人の若者の間で人気の職業として
外国を巡る観光船のスチュアートの仕事があります。
これに行くと、英語が上達しますし、一流のサービスが学べます。
バリへ帰れば、その後は観光業でマネージャークラス以上を狙える訳です。
こんな憧れを狙ったサギがあります。
他の島からのサギビジネスですが、
観光船に乗るコンサルティングと仕事紹介のような形で勧誘し、
準備金をルピアで30万円くらいとって、研修などはやりながら、
途中でドロンする。
バリで30万円というと、日本での価値ならば10倍です。
大金をだまされる訳です。
バリ人で誠実に一生懸命働いて、親戚からも援助してもらったお金です。
余剰金などある訳ではない人が多くいます。
仕事だってやめてのトライです。これは本当に辛い事ですね。

最後に、もう一度言いたいことは、
インドネシアという国は、
日本人には想像できない悲しい貧困がまだある国です。
貧困は生活している本人達にとっては、本当に悲しいことです。
高度経済成長を経て、豊かに育ってきた日本人、
少なくとも若年層の多くは、貧困を理解できていないのです。
もし、現地の人と付き合うのであれば、
彼らがもっている日本人への憧れ、羨望、という
潜在的な意識に配慮しながらおつきあいする必要があります。
それが他の島からの出稼ぎの人であればもっと、です。

日本人ができることは、インドネシア人と一緒にビジネスをしたり、
様々な知識や技術を教えたり教えてもらったりしながら、
インドネシアを応援し、
インドネシア政府の今後の活躍に期待しましょう。。


バリ島は、素晴らしい伝統的な文化を持った、
地上の楽園と呼ばれるまでの素敵な島です。
バリ島自体が文化遺産、と言いたいです。

さまざまなニュースに
戸惑わされることもあると思いますが、
危険な場所には近づかず、
余裕を持って事前にいろいろな情報を集め、
自己管理をしっかりとした旅行をすれば
トラブルには出会わない筈です。

こんな素敵な島、他にはありません。
一生に一度は訪れたいすばらしい場所です。

本当です。

バリ島紹介ー情報&旅行記で人気記事
2009年9月No.5!


No.1 バリ島 旅行への忘れては困る 必需品!出発前にチェック!

No.2 アジア旅行(バリ島)海外旅行 へ必要な一般的 細かい 必需品


No.3 バリ島旅行で失敗しないコツ!

No.4 バリ島ーどこで 両替しますか?

No.5 バリ島 で直行!便利な スーパー&デパート 「マタハリ」



バリ島旅行に買うガイドブックは何がいい?
バリ島 旅行への忘れては困る 必需品!出発前にチェック!

バリ島 バリ人の食事の仕方

バリ島 バリ人の大切な友達が病気


バリ島のカースト(身分)制度の現実は?

バリ島 の病気


バリ島 でバリ人 の 恋人や 結婚を考える時に役立つこのブログ。


Google
 
Posted by : kokokan611 | バリ人日記 | 10:05 | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://blog.langit-bali.com/trackback/512907
TOP