バリ島の最近のトレンド(洋服とか家具とか) | バリ島 紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ

バリ島の情報&旅行記はココ!
観光、空港、ツアー、雑貨、土産、エステ、文化、結婚、環境問題、ウブドの情報。
個人旅行の観光留意点や海外リゾートへ移住の現地基礎知識の紹介。
完全バリ島相互理解現地ブログ。
Jalak Bali
☆管理人公式サイトにリンク☆
バリ島完全個人旅行。
バリ島案内所

♪バリ島の素敵な植物の紹介♪
植物の 写真&情報局ーバリ島の自然情報

   スポンサード リンク
<< バリ島日本人向けフリーペーパーの内容を考える。 | main | バリ島現地のブロードバンド最新情報 >>
バリ島の最近のトレンド(洋服とか家具とか)
バリ島 現地のトレンド、
特に洋服や家具のトレンドについての情報をご紹介します。


バリ島にはサークルKが結構あります。
ちょっと余談ですが、
サークルKって日本でユニー株式会社がやっていたんですね。
サークルケイジャパン株式会社となり、
今はサークルKサンクスと変わっていますが。
バリも経営は同じなのかはわかりません。

ここで入手できるフリーペーパーから
最近のトレンドを紹介したいと思います。
バリ島で入手できる流行情報フリーペーパー
バリ島で入手できる流行情報フリーペーパー(英語)

実際、この冊子からというよりは、島の中で
見聞きしたことを説明するために、写真でお見せしたいと思います。

最近のバリ島現地での若い女性のファッションは、
昨年以前までは、スレンダーなストレートジーンズに
ボディーラインがよく見えるTシャツ系が主流でした。
実際、バリの女性はとってもスタイルが良く、
長いストレートな黒髪のロングヘアーで
この服装が大変綺麗に見えるんですね。

私は数年前から日本で流行っている
ジーンズにあわせて、または最近はレース付きのスパッツに合わせて、
トップスはレースのついた
シフォンなどの生地で出来たワンピースっぽいもの、
ごめんなさい、何と言うのでしょう。
キャミソールとも、プルオーバーともいろいろ言いますね。
これをバリの女性にお土産にしていたのですね。
でも、ぜんぜん喜んでいなかったみたいでした。
やっぱり現地でトレンドでないものは嫌ですよね。
しかもヒラヒラvsボディーライン強調の差ですから。。

このフリーペーパーは英語ですが、
バリ人も結構見ています。
広告しかありません。でも、多様な商品が出ており
ちょっと雑誌っぽいです。

BODY&SOULというと、ピンとくる女性もいるかもしれません。
バリ島のクタやレギャンに出店されているオーストラリアのブランドの
女性服のお店です。

写真のように、この店はもちろん、
バリ中にヒラヒラのトップスが上陸?していました。
BODY&SOULでオススメの服
BODY&SOULでオススメの服

このBODY&SOULはちょっとセクシーすぎるものも多いですが。
よくさがせば素敵なものが結構あります。
もちろん、ジーンズとの組み合わせもたくさんあります。
この写真には無いですが。これの少々短い形ですね。
この店だけでなく、ヒラヒラはいろんなブティックで見られます。
日本で買わずに、バリで買うつもりで出かけてはいかがでしょうか。

インドネシアのTVを見ても司会者の女性などが
着ていました。
ようやく、私のプレゼントしたお土産が役立つかもしれないですね。
ちなみに、ショコラ色のルージュやグロスも流行です。

さらに、バリ島と言えば、日本人にも大人気の家具ですが、
最近のトレンドは、竹の家具に変わり、
細かく編み込まれた材質の
濃い茶色のものが良く出ています。

これはウォーターヒヤシンスという植物を編み込んだものです。
1つ1つの茎を三つ編みにして、それを家具に編み込んでいく行程で
結構大変な作業という事です。


*ウォーターヒヤシンス
 単子葉植物ミズアオイ科

形は角張ったものが多く、
椅子やテーブルが多くを占めます。
これが、この広告の写真です。
バリ島でトレンドの家具
バリ島でトレンドの家具

ここの写真にある家具は結構いろんなカフェで使われていました。

バリ島の流行と言うと、
オーストラリア、そしてオランダなどのヨーロッパ圏、
台湾やタイ、日本などの北アジアの
トレンドが混ざり、結構面白いです。
侮れないんです。



バリ島旅行で失敗しないコツ!

バリ島 観光はパックツアーか?個人ツアーか?どっちがいい?
ウブド1日観光ツアーのイチ押しコース!
バリ島 旅行への忘れては困る 必需品!出発前にチェック!
バリ島ーどこで 両替しますか?

バリ島旅行へのマイレージのコツ。ためる、つかう!


バリ島 へ上手に旅する飛行機情報 手配の基本とは?


Google
 
Posted by : kokokan611 | バリ人日記 | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.langit-bali.com/trackback/509180
TOP