バリ島の デンパサール空港ー入国審査や空港税など | バリ島 紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ

バリ島の情報&旅行記はココ!
観光、空港、ツアー、雑貨、土産、エステ、文化、結婚、環境問題、ウブドの情報。
個人旅行の観光留意点や海外リゾートへ移住の現地基礎知識の紹介。
完全バリ島相互理解現地ブログ。
Jalak Bali
☆管理人公式サイトにリンク☆
バリ島完全個人旅行。
バリ島案内所

♪バリ島の素敵な植物の紹介♪
植物の 写真&情報局ーバリ島の自然情報

   スポンサード リンク
<< バリ島 旅行への忘れては困る 必需品!出発前にチェック! | main | バリ島 の病気 >>
バリ島の デンパサール空港ー入国審査や空港税など
バリ島のデンパサール空港での、
入国審査や空港税(出国税)などで
不安に思っている方への詳細な情報です。
これを読んでおけば安心してバリ島へ出発できますよ!


まず、バリの空港へ到着すると、入国審査から始まります。
インドネシア国バリ島
(正しくはヌサペニダ島などを含むバリ州で9県によって構成されます)
に入国するには、日本人はビザが必要です。
31日ならばUS25ドルです。
それ以上の場合には、KITASという長期滞在ビザが
無いと滞在できません。これはいわゆる就労ビザや
配偶者ビザ、といったものです。
バリ島で長期でぶらぶらしている人は、1ヶ月の再更新はできるようになりました。
デンパサールにある、イミグレーションで手続きをしてください。
さらにもう1ヶ月となると、シンガポールなどへ出国しています。
一度出るとまた1ヶ月+1ヶ月、滞在できますから。

話は戻し、ガルーダインドネシア以外の飛行機で行く人は、
このビザをバリ島の空港で
入国審査の手前で買い求めてから、
入国審査の列に並びます。
入国審査のカウンターの手前にビザ購入カウンターがあります。

そこで支払いを済ませて、レシートをもらいます。
日本から何か準備していくものといえば、出発当日の空港でです。
空港で25のドル札を両替して持っていくのがベストです。

日本人観光客はいつでも結構いるんですね。
飛行機が満席の日々です。
ですから、バリの空港では入国審査もとても並びます。

入国ビザを買うだけならば、あっという間ですが、その後が問題です。
バリ島への入国審査をする列が3つくらいできるのですが、
遠くを見るとオフィサーが机に向かっていて通れる道は
約3本なんです。

ところが、まれに机に3人いるところもあれば、1人のところもあって
1人のところになってしまった列は、3人いるところの
3倍待ちになってしまいます。

しかも、土日はオフィサーもお休みを取るらしく、少ない。
でも、日本人の到着は結構ある。
というと、えらい待ち時間になってしまうんですね。
現在は結構緩和されましたが、それでも、まだ待ちます。

オフィサーはどういう教育をされているのかわかりませんが、
たくさん待ったとしても、
お詫びの気持ちは表現されないと思ってよいでしょう。
態度が大変冷たいです。
日本人へ小馬鹿にした様な態度を以前はしていたのですが、
こればっかりは治ったようです、教育されたのでしょう。

平日ならば、この事情を知っていればさっさと行動し
5分程で抜けられるでしょう。
到着した日が日曜日ならば。
20分弱と考えましょう。

しかも、待っている列は、冷房状況もあまり良くなく
(外から比べれば涼しいんです。でも、この人混みでは)
めまいを起こしそうになる女性もいると思います。
くれぐれもバリの空港で入国審査に並ぶ時は、軽装で。ですね。

待っている間に、日本人向けのフリーペーパーが棚にたくさんあるので
見ていても楽しめるかもしれません。
でも、オススメショップや内容の善し悪しは、個人の判断に任せますが。

バリ島に入るまでにくたくたにならないように
したいものです。

ちなみに、バリの空港での出国時にかかる税は、
15万ルピア(約1500円)です。

帰りに空港の中で意外にしまった〜と思うものです。
滞在中に遣わないでしっかりと用意しておきましょう。

バリ島でオススメの観光ー寺院ータマンアユン
バリ島 観光はパックツアーか?個人ツアーか?どっちがいい?
ウブド1日観光ツアーのイチ押しコース!

バリ島 へ上手に旅する飛行機情報 手配の基本とは?
バリ島へはシンガポールを経由して行く??

バリ島旅行で失敗しないコツ!

バリ島 旅行への忘れては困る 必需品!出発前にチェック!
バリ島ーどこで 両替しますか?


バリ島旅行に買うガイドブックは何がいい?


バリ島 旅行用の最近の ガイドブックの 内容。


バリ島 バリ人の食事の仕方
バリ島 バリ人の大切な友達が病気

バリ島のカースト(身分)制度の現実は?

バリ島 の病気


Google
 
Posted by : kokokan611 | バリ人日記 | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.langit-bali.com/trackback/507408
TOP