バリ島の人は人混みが嫌い | バリ島 紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ

バリ島の情報&旅行記はココ!
観光、空港、ツアー、雑貨、土産、エステ、文化、結婚、環境問題、ウブドの情報。
個人旅行の観光留意点や海外リゾートへ移住の現地基礎知識の紹介。
完全バリ島相互理解現地ブログ。
Jalak Bali
☆管理人公式サイトにリンク☆
バリ島完全個人旅行。
バリ島案内所

♪バリ島の素敵な植物の紹介♪
植物の 写真&情報局ーバリ島の自然情報

   スポンサード リンク
<< バリ島のバリ人もおさしみ、生食できます。 | main | バリ人が日本の家庭で食事、食べられる? >>
バリ島の人は人混みが嫌い
バリ島現地の人々は多くの人が人混みが嫌いです。
特にウブドの人は、毎日自然に囲まれて生活しているので、
かなり苦手です。


バリ島ウブドの朝は小鳥のさえずりで目を覚まし、
夜はカエルの合唱で眠りにつきます。
本当に贅沢なくらいの豊富な声のバリエーションが楽しめます。
以前、夜中にずっとさえずりを続けていた、
バリ島でキッキッキルーと呼ばれる鳥がいて
(繁殖期だったのでしょうか。。)、
私の母が父に、うるさくて眠れないのでちょっと黙らせてきて!
とお願いしたそうです。。もちろん、どうしようもありませんが。

バリ島からのお客さんの彼らは、日本(埼玉の家)で目が覚め、
何の声もしないので、朝が来たとわからなかったそうです。

バリの朝は、たいていは、キラ〜っとした眩しい太陽の光と
鳥の声がするのが普通ですから、
埼玉県の住宅地である我が家の周辺では、
せいぜいゴミ出しのおばさんの挨拶とか、
子供たちの通学のおしゃべりくらいしか聞こえません。
春先ころは、ちょっとシジュウカラがさえずっていますが、
ほんのおしゃべり程度です。さびしいですね。

そんな環境で育っている彼らですから、
人混みやうるさい場所をあまり好まないようです。
東京観光をしたくても、疲れるし人混みが辛いので、
無理して出かける感じでした。

日本に住んでいるバリ人も、私が知っている限りでは、
人混みが嫌いなようです。
だから、みな静かに仲良くひっそりと暮らしています。
バリでは、目立つことや、大声を出すこと、
喧嘩や騒動をすることがとても嫌われています。
おしゃべり好きな人種ですが、人を喜ばせることが中心で、
喧嘩などはめったにしません。
バリ島のことわざ?に、「石を投げられたら花を返せ」
といった意味合いの言葉があるそうです。
目には目を・・といった考え方とは違うのですね。
こんなことからもバリの風土で育まれた生活文化を垣間みることが
出来そうです。
でも、こんな人良さげな島だから楽園のこの島を植民地にしよう、
占領しようと寄ってきた各国との戦い、有名なのはププタンですね、
これらの歴史もあるのだと思いますが。。
それでもバリの人々の笑顔は消えていないですね。。


Google
 
Posted by : kokokan611 | バリ人日記 | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.langit-bali.com/trackback/506369
TOP