バリ島のバリ人もおさしみ、生食できます。 | バリ島 紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ

バリ島の情報&旅行記はココ!
観光、空港、ツアー、雑貨、土産、エステ、文化、結婚、環境問題、ウブドの情報。
個人旅行の観光留意点や海外リゾートへ移住の現地基礎知識の紹介。
完全バリ島相互理解現地ブログ。
Jalak Bali
☆管理人公式サイトにリンク☆
バリ島完全個人旅行。
バリ島案内所

♪バリ島の素敵な植物の紹介♪
植物の 写真&情報局ーバリ島の自然情報

   スポンサード リンク
<< バリ島バリ人日本の電車に乗る&ボーリングする | main | バリ島の人は人混みが嫌い >>
バリ島のバリ人もおさしみ、生食できます。
バリ島の人もおさしみ食べられます。
慣れると、大好きになってしまいます。


バリ島の様な南国の人々は、
熱帯という気候環境によって食べ物は新しいうちに食べてしまいます。
冷蔵庫がないの?! 
そうではなく、ソーセージは冷蔵や、肉などは冷凍していますが、
基本的にバリの人々は冷蔵庫を使わずに新鮮なものを
新鮮なうちに食べます。
ですから、魚も朝取れたすごく新鮮なものを食べますが、
生食ということはしません。
そして、生はどんなものでもお腹を壊すと考えているみたいです。
 
バリ島から来たお客さんは、
日本到着後3日目にはじめてお寿司を食べました。

はじめてのものを食べさせてみよう!と盛り上がるのは
どこでも同じ心理で、田舎の親戚の叔父樣方にごちそうされました。
ちなみにわざわざコタツまで出してあり、初体験ばかりです。
2人はだまってモグモグ食べていて、わさびもそのままパクリと食べ、
7個くらい平らげてしまいました。
マグロが美味しかったそうです。
普通は、嫌だ〜!というのでしょうが、
この2人は覚悟を決めていたこともあり、
ふ〜んこんなもんね。と優等生でした(^o^)

バリ島でベジタリアンの生活をしている私の友人は、
日本に来て、煮物やダシがきいた甘い系の味付けが食べられなく、
お腹を壊し、バリに帰る頃にはやせてしまったとい聞きます。
こんなことになってはいけないなと、メニューも考えましたが、
2人のおなかはバリよりも元気がよく、
帰る頃には太ってしまいました。良かった。良かった。ですね。


Google
 
Posted by : kokokan611 | バリ人日記 | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.langit-bali.com/trackback/506360
TOP