バリ島 で環境活動のお手伝いお願いします! | バリ島 紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ

バリ島の情報&旅行記はココ!
観光、空港、ツアー、雑貨、土産、エステ、文化、結婚、環境問題、ウブドの情報。
個人旅行の観光留意点や海外リゾートへ移住の現地基礎知識の紹介。
完全バリ島相互理解現地ブログ。
Jalak Bali
☆管理人公式サイトにリンク☆
バリ島完全個人旅行。
バリ島案内所

♪バリ島の素敵な植物の紹介♪
植物の 写真&情報局ーバリ島の自然情報

   スポンサード リンク
<< バリ島が登場!ハリウッド映画。ただいま撮影中 | main | バリ島 ヒンドゥー教が生活の中にあることってどうですか?どうやってつきあいましょう? >>
バリ島 で環境活動のお手伝いお願いします!
バリ島 で環境活動のお手伝いお願いします!

→本件、無事終了いたしました。
 バリ島での環境活動は継続中です。
 ご理解のある方の応援、お待ちしております。


現在、インドネシアの環境財団の運営をしています。
バリ島を拠点として、
生物多様性の保全を主題とした、
環境活動の国際貢献プロジェクトを実施しています。
苦労の末、ようやく信頼の土台を築いて、
現在、日本の主要な助成金による、
いくつものプロジェクトが同時進行しています。

私がほぼ一人で日本窓口をこなしている状況です。
この環境財団の運営が多忙なため、
いきなりですが、
お手伝いくださるボランティア人材の募集をいたします。
でも、すべてプロジェクトは助成金による活動ですので
無給となります。(もちろん私も無給でやっています。)


財団は日本で、日本人(私)女性1名、インドネシア(バリ)人男性1名、
バリ島現地人スタッフ5名が働いています。

専門的な環境活動を海外でやってみたい方、
国際貢献の仕事の経験を将来に活かしたい方、
インドネシアの環境問題を真剣に考えてみたい方、
一緒にインドネシアの環境財団を育ててみたい方、

無給でお手伝いいただける奇特な方がいらっしゃいましたら、
ぜひご一報ください!

【インドネシア環境財団 ボランティア人材の募集】
バリ島で実施している、
生物多様性の保全を目的とした専門的な環境プロジェクトの、
日本からの運営企画、手法指導、
バリ島へ行っての現地指導、
がおもな業務となります。

*20歳〜40歳くらいまでの大卒以上の男性 1〜2名を募集
*2010年12月16日〜18日に行われるバリ島でのワークショップに参加できる事を条件といたします
(現地での移動費、食事は財団が負担。日本からバリ島までの航空運賃、宿泊料は実費となります)
ワークショップは2010年3月にもありますが、旅費の個人負担が大きいため、12月に参加いただき、判断してください。
*農業や林業などの野外活動が可能な体力のある方
*東京周辺(池袋、新宿になります)でのミーティングに参加可能な方
(月1〜2回程度/平日夜、または日曜日午前:電車賃は自己負担)
*農業、林業、環境問題の専門知識があれば、なお可。
一緒に専門理論をさがしたり、資料収集をしてくださる方であれば専門知識は必須ではありません。必要な事はお教えしますし、一緒に学びながら財団を育てていきます
*企業のCSR活動や排出権取引に関心のある社会人の方も歓迎します

ご注意いただきたいのは、活動は無給である事です。
ただ、利益を生み出す仕組みを一緒に企画し、企業との連携事業の営業活動をして、
非営利団体としての人件費を生み出す事は可能です。
私はコンサルティング事業の経験者でもあります。



ご関心のある方がいらっしゃいましたら、
infoアットlangit-bali.com (アットを@にしてください)
タイトルに、【インドネシア環境財団 ボランティア人材の募集】と
記して、自己紹介と簡単な履歴を書いて、メールをお送りください。
追って、1日内にご返信をいたします。
こちらの判断により、一度お会いさせていただくご連絡をします。
その後、お手伝いくださる方を決定させていただきます。

ご連絡、お待ちしています!

バリ島で家をさがすには? どこに住む?


バリ島でオススメの観光ー寺院ータマンアユン
バリ島 観光はパックツアーか?個人ツアーか?どっちがいい?
ウブド1日観光ツアーのイチ押しコース!


バリ島旅行で失敗しないコツ!
バリ島 旅行への忘れては困る 必需品!出発前にチェック!
バリ島ーどこで 両替しますか?

バリ島 バリ人の食事の仕方

バリ島 バリ人の大切な友達が病気


バリ島のカースト(身分)制度の現実は?

バリ島 の病気


Google
 
Posted by : kokokan611 | バリ人日記 | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.langit-bali.com/trackback/1613900
TOP