スラウェシ島 霊長類ピグミーメガネザル 87年ぶり  | バリ島 紹介ー情報&旅行記ーバリを幅広く知るブログ

バリ島の情報&旅行記はココ!
観光、空港、ツアー、雑貨、土産、エステ、文化、結婚、環境問題、ウブドの情報。
個人旅行の観光留意点や海外リゾートへ移住の現地基礎知識の紹介。
完全バリ島相互理解現地ブログ。
Jalak Bali
☆管理人公式サイトにリンク☆
バリ島完全個人旅行。
バリ島案内所

♪バリ島の素敵な植物の紹介♪
植物の 写真&情報局ーバリ島の自然情報

   スポンサード リンク
<< バリ島 民家に訪問!一般家庭のおもてなし | main | バリ島の料理を日本で食べる >>
スラウェシ島 霊長類ピグミーメガネザル 87年ぶり 

(11/18)幻のメガネザル捕獲 インドネシア、87年ぶり(nikkei)

ピグミーメガネザル 生息確認(NHK)

小型霊長類のピグミーメガネザル、80年以上ぶりに生息確認(CNN)

スラウェシ島標高約2100メートルの森林で
霊長類ピグミーメガネザルを 87年ぶりに生け捕りにした、
そうです。

87年と言えば、絶滅してしまったとされてから
長い年月が経っているのではないでしょうか。
生物好きの私としては、
もう会えないと思っていた種が生きた姿で出会えるなんて、
自然の深さを感じます。

長い間ひっそりと繁殖が繰り返されて
人間に見つからないで生きて来たのでしょうか。

インドネシアの森の深さはますます興味を引きます。
まだまだ生物の生態について明らかになっていないことが
山のようにある場所です。

ちなみに、この猿、ファービーのモデルなんですね。
私も最近まで持っていました。
馴染みのある顔だと思っていました。

バリ島でオススメの観光ー寺院ータマンアユン
バリ島 観光はパックツアーか?個人ツアーか?どっちがいい?
ウブド1日観光ツアーのイチ押しコース!


バリ島旅行で失敗しないコツ!
バリ島 旅行への忘れては困る 必需品!出発前にチェック!
バリ島ーどこで 両替しますか?

バリ島 バリ人の食事の仕方

バリ島 バリ人の大切な友達が病気


バリ島のカースト(身分)制度の現実は?

バリ島 の病気



Google
 
Posted by : kokokan611 | バリ人日記 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.langit-bali.com/trackback/1256510
TOP